Casual Duel Monomaniac

カジュアル遊戯王の多様性を探究しています。また『デュエルラボ』として動画・非公式アプリケーションツール製作に携わっているフリをしています(詳細はリンクからお願いします)。屁理屈が好きです。

遊☆戯☆王の日

立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いておりますが、皆様如何お過ごしでしょうか。

お久しぶりです。N@SEです。

 

 

最近は遊戯王の公式カジュアルイベント「遊☆戯☆王の日」に頻繁に参加しています。

今までは通常のショップデュエルへの参加経験しかありませんでしたが、この度公式によるカジュアルイベントが設けられていることを知り、普段カジュアル遊戯王を楽しんでいる身として遅ればせながらそちらにも参加し始めた次第です(「遊☆戯☆王の日」の詳細については公式HPをご覧くださいませ)。

 

そのイベントに初参加した際少し思うところが御座いました故、今回は初参加した時の私の心情と共にそちらを記事にさせて頂きます。

 

 

 

「遊☆戯☆王の日」には

・ボスデュエル

・コンセプトデュエル

・タッグデュエル

の3種類のデュエル方式が存在します(詳細は公式HPをご覧くださいませ)。

 

 

普段あまりプレイしない方式に参加してみたかった私は、まずは友人を誘って「ボスデュエル」に参加することにしました。

ボス1人対参加者3人でのデュエルということだったので3人で参加したのですが他にも参加者の方がいらっしゃったため、私のチームは友人一人と私ともう一人別の参加者の方というチームになりました。

 

開始前、運営の方から「ボスはデッキや隠された能力が結構エグいから頑張ってくださいねー」と言われました。それを聞いた私と友人は、使用するデッキを相談しました。しかし、ボスは8枚のオリジナルカードのみで構成されたデッキであり、さらにボスのカードは除外できない、ボスはドローフェイズに墓地のカードを全て手札に加える、ライフポイント24000等の特殊ルールもあるためあまり現行環境のメタカードが刺さるとは思えませんでした。何より3対1というお祭りデュエルです。そこで、トーナメント構築ではなく普段遊んでいるカジュアル構築(私はボスデュエル用に少し構築を変更した【ワンショット・キャノン】を選択しました)で臨むことにしました。

  

いよいよデュエルスタートです。

相手のデッキは【ペガサス】でした。オリジナルカード版《トゥーン・ワールド》の発動からトゥーンモンスターを大量展開(ボスは召喚権の制約がありません)され、そのままターンが終了しました。トゥーンモンスターはダイレクトアタックが可能であり、さらに前述のボスの特殊ルールがあるため、いくら破壊しても毎ターン同じ数展開されその全てがダイレクトアタックしてきます。うーん、まずそう。

 

続いてこちらのターンです。ボスのターンが終了後、こちらの3人がターンを回し全員が終了したらまたボスのターンへ、というターン順でゲームが進みます。

こちらの先鋒はもう一人のチームメイトの方。

 

「ドロー。《光天使セプター》召喚。」

 

チームメイトの方のデッキは【光天使テラナイト】でした。これは、セットカードが多い反面展開力に欠ける私と友人のデッキとしては大変ありがたいデッキチョイスです。

結局チームメイトの方が「テラナイト」から特殊召喚するエクシーズモンスターを私たちがセットカードでサポートする形でデュエルが進み、最初のターンにチームメイトが特殊召喚した《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》の効果を使いきったターンにボスのライフを削りきることができました。

 

「ボスデュエル」は1回のみだったため、初の「ボスデュエル」はこれで終了しました。

今回のデュエルでは偶々チーム内でのデッキチョイスが噛み合ったため勝利することができましたが、別のチームになった友人は別の参加者の方と共に「ダークネス」のボスデッキに惜敗していました。

また、私たちもターンの順番から《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》の効果を私と友人も受けてしまうなど、「ボスデュエル」に対しての認識の甘さを痛感させられる結果となりました。

 

 

 

また別の日。

私はショップデュエルに参加しようとカードショップにやってきました。少し早めに着いたので店内でカードを見ているとアナウンスが入りました。

 

「ただいまより「コンセプトデュエル」の受け付けを開始致します。」

 

おっ。

 

私はこの日トーナメント用デッキしか所持しておりませんでしたが、現在私はトーナメントで【幻奏光天使】を使用しています。

コンセプトデュエルのルールをHPで確認すると

 

【柊柚子】「<幻奏の>と名のつくカード」をメインデッキで合計8枚以上使用

 

どうやら出場できそうです。ということで、先日の「ボスデュエル」に続いて「遊☆戯☆王の日」イベントの二つ目、「コンセプトデュエル」に参加することを決めました。

 

周囲をみると、【宝玉獣】や【ジャンクドッペル】のようなデッキを試運転している方々がいらっしゃいました。こっそり見てると、フィールドにはシンクロモンスターやエクシーズモンスターが並び始めました。それを見た私は、ストレージに「幻奏」のカードは全て所持しておりましたが前回の「ボスデュエル」のこともありそこまでアニメに構築を寄せることもないだろうと判断し、持ってきたデッキそのままで臨むことにしました。

 

参加人数は10人で試合形式はシングルデュエル3回戦のスイスドローでした。

まず1戦目です。

こちらの先攻だったため、《幻奏の乙女アリア》と《幻奏の乙女エレジー》を展開してセットカードと共にターン終了。

 

お相手「《E・HERO プリズマー》を召喚。効果で《超魔導剣士-ブラック・パラディン》を見せて《ブラック・マジシャン》を墓地に送ります。」

 

お相手は【武藤遊戯A】でした。

ティマイオスの眼》など初めて使われるカードが多くて非常に楽しませて頂きましたが、お相手の手札とセットカードには《幻奏の乙女アリア》と《幻奏の乙女エレジー》のロックを突破する手段が無く、その間にこちらが《幻奏の乙女ソナタ》や「光天使」の面々を引き込み勝利。

終了後にお話したら、遊戯王のアニメが好きで特に初代のDMが好きだとか。なるほどそれで《ブラック・マジシャン》。

普段はあまり大会等には参加しないとのことだったためもう少しこちらもデュエルの仕方を気遣うべきだったかと反省しましたが、お互いデッキに新規カードが多くそれで盛り上がりその後は2回戦の時間までフリープレイをしてました。

 

 

さて2戦目です。

お相手はスリーブが「神代凌牙」だったため恐らくデッキは【神代凌牙】なのかなと邪推。

お相手の先攻でしたが、セットカード1枚でエンド。どうやらあまり手札が宜しくない御様子。

こちらにターンを貰い、セットカードを破壊してから《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》と《幻奏の乙女エレジー》を並べてバトル。

次のターンに出てきた相手モンスターをセットカードで処理すると相手はそれ以上手が無かったようで、そのままターンを返され勝利。

 

非常に早く終わってしまい、お相手が大変苦い顔をしてらっしゃったのを鮮明に記憶しております。

そのまま何回かフリーデュエルをするも、毎回引きも噛み合いこちらが勝利する形となってしまいました。

 

さらに

「【フォトン】ってそういう動きなんですねー初めて見ました。」

「これ【銀河】です。」

「あ、ごめんなさい…。」

 

遊戯王ZEXALを視聴していない上にテーマデッキに関して無知な私は【フォトン】と【銀河】が違うことすら知らない始末。《フォトン・スラッシャー》が出てきただけで【フォトン】だと判断するという大変申し訳ない勘違いをしてお相手を不快にさせた挙句

 

「そちらのデッキは【幻奏】ですか?【光天使】ですか?」

「これは【幻奏】ですねー。(【光天使】ってコンセプトあったんだ。)」

 

コンセプトデュエルについて何も知らなかったことが露呈してしまいました。

ZEXALが好きというお相手とGXとARC-Vが好きな私とではアニメの話でもほとんど盛り上がらず、そのまま少しギクシャクした空気で3戦目の時間となってしまいました。

 

 

気を取り直して3戦目です。

3戦目のお相手はショップデュエルでも拝見したことがある方で、デッキは【ギミック・パペット】でした。

普段目にしないテーマだったため相も変わらず1枚も効果を知らなかった私は、お相手にテキスト確認の御迷惑をおかけしつつも非常に新鮮なデュエルをさせて頂きました。

なんとかデュエルに勝利することができ、その後もお相手のデッキでの「幻奏ロック」の突破方法を共に模索しながらフリーデュエルをしたりと、大変楽しい時間を過ごさせて頂きました。

「コンセプトデュエル」は3回戦で終了であるため、初の「コンセプトデュエル」はこれで終了となりました。

 

 

 

以上が私の参加当日の心内とささやかな感想です。

2度の「遊☆戯☆王の日」イベントへの参加で私が感じたことは

 

「プレイする環境を理解することの大切さ」

 

でした。

普段カジュアル遊戯王を楽しむ際は、常にこのことを頭に置いているつもりです。

「カジュアル」に正解はありませんが、遊ぶ場所それぞれの人や環境をまず理解しておくということは必要だと考えているからです。

 

今回のイベントではその配慮が私に足りていませんでした。

普段のショップデュエルはトーナメント環境であるため、全員が同じ「勝利」というゴールを目指しています。そのため面識がない方々ともサイドデッキや対策の話など、所謂「共通の話題」の方向は暗黙のうちに固定されます。

 

反面、「遊☆戯☆王の日」イベントには普段のショップデュエル以上に色々な方が参加されます。アニメが好きな方やデュエルが目的な方、参加賞が欲しい方もいらっしゃると思います(私も半分はこれでした)。そのことを把握できておらず、さらにはイベント内容に関する知識も曖昧だった私は、今回のような結果を招いてしまいました。

もちろんそのような状態で参加することが禁止されているわけではありませんし、そのように参加される方々もたくさんいらっしゃると思います。

しかし、少なくともそう感じた人間がそれを踏まえた上で参加することで、自分も他の参加者も楽しめるイベントとなるのではないか、と考え反省した次第で御座います。

 

 

 

私自信元々カジュアル色が強い人間であるため、公式のカジュアルイベントには非常に関心がありこの2回以降も参加しております。

現在は「ボスデュエル」のみに絞って友人二人と「ボスデュエル用の構築」を追求中です。

「勝利のために現行ボスデッキに対するメタカードを投入する」ではなく、今後ボスの種類が増えた時にも対応できるような「ボスデュエルに臨むための専用構築」を理想に構築しております。

 

現在のデッキでの勝率は、中々満足のいく結果となっております。とはいえ、まだまだ不完全な構築であります故、是非ともご意見・ご指導ご鞭撻の程宜しくお願い致したく存じます。

【ボスデュエル用デッキ】

 

 

 

 

冗長であるに加え大半が一個人の感想という駄文となってしまいましたが、最後までお読み頂き大変恐縮に存じます。

今回のイベントのような公式の助力も相まって、カジュアル遊戯王が更なる発展を遂げること願っております。

 

それでは。

 

 

f:id:n_at_se:20140816164025j:plain

(参加賞トークンを集めて喜んでおります)